-

融資を受けた場合、支払う時には利子分を含めての払いになるのは知っているはずです。金融会社は経営の利益を目的とした企業ですから当然です。とは言っても返済する方は、少しでも少なく支払いたいというのが本音でしょう。利息制限法が定められる前は年30%近い利子を支払っていましたが、設けられてからは高くても年間18%位といくぶん低く設けられているので、相当良くなったようです。今の融資の利率枠は4%位から18%位の幅が設けられていて、利用可能額により決められます。利用限度額は申込み本人の評価によって左右されます。総量制限により年収の1/3までと指定されいますので、年収がどれほどあるのか?どのような仕事をしているのか?クレジットの使用履歴はどうなのか?もろもろ審査され与信額としてカードの内容が決まることになります。カードを使ったローンの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各企業で使用可能額は一様ではありません)と広い幅があります。そしてその幅の中で決まった利用できる金額により利子も決まってしまいます。50万円なら年率18%、300万円なら年間12%、800万円なら年間4%といった具合になります。つまり、信用が上がれば、与信額も良くなり、利子も下がるはずです。これに違和感を感じるのは僕だけでしょうか?余談となってしまいますが、金融会社にとって、それらは問題がない事なのかもしれませんが、収入の高い人がローンサービスが不可欠とは思えませんし、もしローンサービスを利用した時でも金利が多かろうが少なかろうがお金の支払いに困る事はないのです。むしろ収入の低い人は直ちにお金がほしいからキャッシングするという人が大半です。利子が高いとお金の返済に困るはずです。このため使用可能幅の良くない人こそ低金利で使用できるようにする必要があるのではないでしょうか。これは利用する立場としての意見です。これらを考えると、利率を少なくする為にはどうすれば良いのかぼんやりと気付いたのではないでしょうか。現実、これから書く方法で、申し込む人がたくさんいるので教えますと、キャッシングの申請をする時、年の収入の1/3ぎりぎりの金額まで申込みをするのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円で審査で申し込んだ満額通ればその分だけ利率が良いカードを持つことができるのです。であってもMAXギリギリまでキャッシングしなければいけないわけではありません。15万円でも30万円でも必要な分だけ使えます。さらに上限利用可能金額が300万円で最低金利7%位のローン会社もあります。その会社に申し込めばその業者の最低金利で利用できるはずです。どう思いましたか?考え方を変えるだけで低金利のキャッシングカードを手に入れることが出来るのです。自分自身の年の収入とローン業者の金利を比較し、調査さえ怠らなければ、より有利な条件で借りれるはずなので、面倒だと思わずチェックするようにしなければなりません。